映画道シカミミ見聞録

映画サイトのCinemarche(シネマルシェ)様で、コラムを連載させていただくことになりました。

【第1回】蒼井優の日本アカデミー賞2018主演女優スピーチを考える|映画道シカミミ見聞録1

連載タイトルは、“えいがみち”と読みます。編集の方が考えたもので、わたしのサイトに紀行文のようなお散歩エッセイがよく上がっていることから、“道”がついたのだと思います。

映画批評ではなく“映画エッセイ”です。映画を語るのではなく、映画“で”より道的に語ります。

当サイトにおける連載コラムの「第1弾」ということになっており、今後もさまざまな書き手が登場する予定だと聞いています。

【シネマルNEWS】映画・海外ドラマの連載コラムを開始!エッセイスト&随筆家など続々登場

それぞれ角度から映画をまなざす言葉を、ぜひお楽しみいただけましたら幸いです! どうぞよろしくお願いいたします。

【第2回】映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』原作者・押見修造さんからのメッセージ|映画道シカミミ見聞録2

【第3回】『クレヨンしんちゃん』の監督原恵一の語りから作家性を考える|映画道シカミミ見聞録3

【第4回】『羊と鋼の森』『orangeオレンジ』橋本光二郎監督が示す「才能」の見つけ方|映画道シカミミ見聞録4

【第5回】森達也映画『A』『A2』オウム真理教事件から見えた『万引き家族』の類似性|映画道シカミミ見聞録5

【第6回】【細野辰興監督の映画愛】師匠今村昌平との真相と正体『貌斬り』『著作者人格権』|映画道シカミミ見聞録6

【第7回】大林宣彦代表作『異人たちとの夏』臨床心理学の視点から現代を生き抜くヒントを読む|映画道シカミミ見聞録7

【第8回】高校球児にこそ観てほしい野球映画。そこで知る再起の姿勢とは|映画道シカミミ見聞録8

【第9回】坂本龍一×デヴィッド・ボウイ×ビートたけし映画『戦場のメリークリスマス』考察。3者の越境で自由と平和を示す|映画道シカミミ見聞録9

【第10回】【カメラを止めるな!】なぜ面白いのかを考察。感染源としての『竜二Forever』と『貌斬り KAOKIRI』|映画道シカミミ見聞録10

【第11回】ブルーハーツ名曲「青空」でつながる命。映画『カラフル』『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』考察|映画道シカミミ見聞録11

【第12回】【ペンギン・ハイウェイ解説】賛否感想の謎を追え!お姉さんの“信仰”からぼくの成長をたどる|映画道シカミミ見聞録12

【第13回】SUNNY強い気持ち・強い愛』感想と考察。女子高生の時代背景を読む|映画道シカミミ見聞録13

【第14回】劇場版「フリクリ」感想と考察。セカイ系をふりかえる|映画道シカミミ見聞録14

【第15回】映画『響HIBIKI』感想と考察。平手の演じた鮎喰響はAI作家である|映画道シカミミ見聞録15

【第16回】映画『飢えたライオン』感想と考察。ポスト・トゥルース時代の推理と倫理|映画道シカミミ見聞録16

【第17回】森田博之監督の映画『ラストラブレター』感想と考察。がらくたと恋と救済と|映画道シカミミ見聞録17

【第18回】天願大介監督が説く映画づくりの魅力と大学教育の未来。台北市での講演より|映画道シカミミ見聞録18

【第19回】映画『ウスケボーイズ』感想と評価。ワインづくりの思想をより深く理解するために|映画道シカミミ見聞録19

【第20回】映画『若おかみは小学生!』感想と評価。評判ヒットの要因を探る|映画道シカミミ見聞録20

【第21回】映画『ごっこ』あらすじと感想。千原ジュニアの演技力で描いた疑似家族の原理|映画道シカミミ見聞録21

【第22回】映画『アジア三面鏡2018Journey』感想と考察。長谷川博己&松永大司監督作品「碧朱」を中心に|映画道シカミミ見聞録22

【第23回】日原進太郎監督の映画『僕のいない学校』感想と考察。「教育者・今村昌平」を参考に映画教育をみる|映画道シカミミ見聞録23

【第24回】映画『祖谷物語 おくのひと』あらすじと感想。解説はロケ撮影で四季を描く『楢山節考』との比較|映画道シカミミ見聞録24

【第25回】映画『リベリアの白い血』あらすじと感想レビュー。血の意味から平和への道筋を探る|映画道シカミミ見聞録25

【第26回】映画『私はワタシ over the rainbow』感想と解説。「私」が「ワタシ」になるための考察|映画道シカミミ見聞録26

【第27回】【来るネタバレ考察】岡田准一演じる野崎は最後に何と戦い生き残ったのか|映画道シカミミ見聞録27

【第28回】【ネタバレ解説】映画『こんな夜更けにバナナかよ』感想と内容の考察。原作から主題を深掘りする|映画道シカミミ見聞録28

【第29回】【ネタバレ感想】シュガーラッシュ:オンラインの解説と考察。ヒーローなき後の世界と愛のゆくえについて

【第30回】松本穂香映画『アスアブ鈴木』ネタバレ感想と解説。YouTube動画とデレクターズカット版はなぜ存在するのか

【第31回】アミール・ナデリ映画『山〈モンテ〉』内容解説と考察。「シーシュポスの神話」から不条理との戦いを読み解く

【第32回】【日本映画大学の卒業制作2019上映会】作品内容と解説。映画を知り人間を知る「社会人基礎力」

【第33回】映画『空の瞳とカタツムリ』考察。村上春樹『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』との比較から

【第34回】『劇場版 バーニング』結末の解説と考察。原作「納屋を焼く」のメタファーから映画のテーマを探る

【第35回】山戸結希プロデュース『21世紀の女の子』あらすじと内容解説。評判映画を「21世紀の他者論」として読み解く

【第36回】映画『Noise ノイズ』感想と考察。ノイズミュージックとの関係から希望を考える

【第37回】西原孝至映画『シスターフッド』内容解説と考察。劇中のメモ書き「私たちは花ではなく、花火である」を解く

【第38回】加納土映画『沈没家族 劇場版』感想と評価。だめ連・素人の乱の系譜から共同保育をとらえる

【第39回】映画『マックイーン :モードの反逆児』感想と評価。コムデギャルソン・川久保玲の反骨精神との比較から

【第40回】【考察解説】あいみょんがしんちゃん2019を再解釈する『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』

【第41回】映画『ハローワールド』の内容に見たポスト・セカイ系の特徴を考察

【第42回】映画『空の青さを知る人よ』ネタバレ感想と評価レビュー。ガンダーラの真の場所と30代に贈る貴重な応援歌

【第43回】映画『幸福路のチー』あらすじ感想とレビュー評価。台湾の歴史とともに生きるヒントを描く

【第44回】映画『音楽』あらすじ感想とレビュー評価。北野作品との共通点から“省略のリズム”を聴く

【第45回】映画『mellow』あらすじと感想・考察。今泉力哉監督が描いた“告白”の真相

【第46回】【大泉洋×小池栄子】太宰原作の映画『グッドバイ』感想レビューと考察。タイトルに隠された意味を深掘り!

【第47回】映画『どうにかなる日々』感想レビューと解説。アニメ化で際立つ志村貴子作品の魅力を分析

【第48回】映画『あなたにふさわしい』感想レビューと考察。夫婦である理由を“名づけ”の視点から読み解く

【第49回】映画『河童の女』感想評価と内容考察レビュー。結末で描かれた意味をテレンスマリック監督の『地獄の逃避行(1973)』との比較から読む

【第50回】映画『君が世界のはじまり』内容解説レビュー。ブルーハーツの楽曲と2つの「えん」が描く青春の夜明け前

【第51回】『喜劇 愛妻物語』ネタバレあり感想考察。脚本家の足立紳として“元ネタ・リスペクト新藤兼人版”との違いから解説

【第52回】映画『天井棧敷の人々』ネタバレ感想と結末に導かれた階級対立と必然。映像美の裏に隠された歴史的テーマを解く

▽こちらは映画レビュー

今田美桜主演『カランコエの花』感想と評価。LGBT青春映画の最高傑作

映画『このまちで暮らせば』感想レビュー。考察【仕事と家族を超えた活動的次元】

コラム執筆『天井棧敷の人々 4K修復版』

202010/08

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」10月分が掲載されました。 ▼第52回|映画『天井棧敷の人々』ネタバレ感想と結末に導かれた階級対立と必然。映像美の裏に隠された歴史的テーマを解く “天井桟敷”という言葉を最初に知ったのは…

コラム執筆『喜劇 愛妻物語』

202009/14

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」9月分が掲載されました。 ▼第51回|『喜劇 愛妻物語』ネタバレあり感想考察。脚本家の足立紳として“元ネタ・リスペクト新藤兼人版”との違いから解説 売れない脚本家とそれを支える妻。 脚本…

コラム執筆『君が世界のはじまり』

202009/01

お知らせがだいぶ遅くなりましたが、連載コラム「映画道シカミミ見聞録」8月分が更新されています。 ▼第50回|映画『君が世界のはじまり』ネタバレあり解説レビュー。ブルーハーツと“えん”が描く青春の夜明け前 淀川長治さんをし…

Cinemarche連載2周年の御礼

202006/12

2020年6月12日で、映画サイトCinemarcheでの連載開始から2年が経ちました。 書けば書くほど、持続することの難しさを思い知るばかりですが、それでもつづけてこられたのは、お読みいただいている皆さまのおかげです。…

コラム執筆『河童の女』

202006/09

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」が更新されました。 ▼第49回|映画『河童の女』感想評価と内容考察レビュー。結末で描かれた意味をテレンスマリック監督の『地獄の逃避行(1973)』との比較から読む 『カメラを止めるな!』…