シカミミの引用日記

かつて「引用日記」というものをtwitterで書いていました。自分が気持ちいいと思う文章を引用し、それにコメントをつけていくという作業を、140字の枠のなかで日々行なっていました。時期でいえば、2010年の8月から約半年、つまりは大学4年生の期間に当ります。まだデモも放送もイベントも手掛けていない暇な頃です。

ご覧いただければわかると思いますが、大学4年生の思考や記述にしてはかなり幼く、拙いものです。考え方も今とはまるで違う。正直言って、今すぐにでも消去したい衝動に絶えず駆られています。今でも自分は青臭いと言われるようなことをしていますが、引用日記時代の青臭さは、「あえてする」の感覚抜きにナイーブな自己意識がそのまま出てしまっている、いわば「事故」みたいな衝撃があります。

それでも改めてそのまとめを掲載しようと思うのは、たとえ自分がその“青い”時期を越えたとしても、今の誰かはまさにその時期に差し掛かっているかもしれず、そんなときにかつて自分を気持ちよくさせた言葉が、他の誰かをも気持ちよくさせる可能性があると想像するからです。言葉は自分で消費して終わるものではありません。自分が通り過ぎた言葉は、誰かが拾ってまた新鮮に食べてくれる、その繋がりを生むことが、言葉の面白さないしは生きる望みです。

twitterの使い方が忙しさと比例してイベントの告知版になっていき、引用する行為も自然とやめてしまいました。しかし「言葉を友達に持つ」という考えだけは今でも変わっていません。言葉との出会いは人間との出会い同様に、あるいはそれ以上に自分の生を支えてくれる。そんな出会いの機会を少しでも多く作るために、もう一度、引用日記を掲載したいと思います。

最後に、青い言葉を添えて。

“死ってなんだろう、どうして働くのだろう、そんな疑問に直面した時、言葉との出会いが整ったといえる。その心の発動を大事にして、言葉を追いかけ、言葉と格闘し、言葉と友達になる。言葉を友にした者は強い。悲しい時、辛い時、嬉しい時、友は最も近くで語りかけてくれる。一人でも独りじゃないのだ。”(2010年12月の引用日記より)