GW見聞録2019③「府中にて」

201905/04


へそまがり日本美術展、興味ある?」と聞かれて「ある」と答えていってきた。

そんなのあるに決まってる。へそまがりだから。

会場は府中市美術館。府中の森公園内の一角にあり、そちらの景観もすばらしい。

府中の森公園


いわゆる“ヘタウマ”な絵が、中世から現代に至るまで、展示されていた。

いや、“ヘタウマ”とはよく言ったもので、単にヘタな絵が絶対に混じっている。

右下:作・徳川家光


徳川家光が描いた「兎図」は、もふもふ感を出そうとして、うまくいかなくなって、それをカバーしようと毛がどんどん周辺に広がっていったものと思われる。


今でいう“ゆるキャラ”だが、「徳川家の将軍がへそまがりな絵を代々描いている理由」が問われていた。

それは、将軍だから、「いやー殿、下手ですねー!」と家臣が言えなかったからだろう。

そして、将軍だから、本来消えゆく運命にあったはずの絵が、捨てられずに現代まで残ってしまったのだろう。

おもしろかった。癒された。表現する勇気ももらった。

“GW見聞録2019③「府中にて」” への1件のコメント

  1. […] 府中と立川は意外に近い。立川といえば、シネマシティというこれまた良い映画館がある地だ。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です