チョコとビールと梅雨入り宣言

201906/07


6月7日のきょう、関東甲信越地方の梅雨入りが発表された。

新海誠論を書いていることもあり、今年はそんなに雨が嫌いではない。

『言の葉の庭』(2013)では、雨空は恋模様を見事に映しだしていた。

そして、クライマックスに流れるのは大江千里の名曲「Rain」、最高ではないか。

気分はあげみざわ(JK用語。とくに意味はない)で、舞台となった新宿御苑に行ってきた。


『言の葉の庭』の聖地


いじめにあって休職中の雪野先生は、ここで靴職人をめざす男子高生と逢瀬を重ねる。

(C)Makoto Shinkai / CoMix Wave Films


また“歩ける”ようにと、足を採寸。

私もその気持ちに触れたく、足を伸ばしてみるが、足がつったおじさんにしか見えない。

同じ画とは思えない


そこで、チョコを食べてみようと思った。

雪野先生はうつ状態で味覚がおかしくなっており、チョコとビールという組み合わせでしか、テンションあげみざわになれない。

(C)Makoto Shinkai / CoMix Wave Films


実際の御苑内は禁酒のため、チョコを食すことしかできなかったが、まあまあ雪野先生の心に近づけた。

その様子は、6分ほどお時間をいただければ、この動画で確認できる。


しかし、やはり“+モアビール”がないと、ほんとうの気持ちは味わえないのではないか?


ちなみにこちらは“テーブルのピザ / プラスモーチキン♪”


それで、今度は『君の名は。』(2016)にでてくる御苑前のレストラン「カフェ ラ・ボエム」に足を運ぶ。


そこでは美味しいクラフトビールが飲めたのだ。

『君の名は。』瀧君のバイト先


舌にチョコの風味がすこし残っていたくらいなので、ただ「ビールがうまい」といった感想しか浮かんでこない。


+モアチョコ、+モアビール!


ということで、撮影で食べきれなかったチョコを、自宅にかえってビールで流しこむ。

(C)Makoto Shinkai / CoMix Wave Films


結論。ビールとチョコはあまり合わない。はやく元気になって、味覚を取りもどすのが最善。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です