第51回 2019年の映画始め

201901/04

1月4日、映画『アストラル・アブノーマル鈴木さん』と、正月特番の『貌斬り KAOKIRI』『著作者人格権』を鑑賞。

前者が公開初日、後者が上映最終日で重なってしまう。どちらも大事な日だ。

1日で回るには『アスアブ鈴木』の開映時間にかかっていたが、時間も場所も都合のいいシネマカリテはすでに満席だった。

ほかの上映館を探すと、あった。イオンシネマ板橋で、9時05分スタート。

9時05分! イオンは開店しているのか。行ってみた。

自動ドアが開き、安心したのもつかの間、エスカレーターが動いていない。

劇場は5階にあり、仕方ないので警備員と一緒に待つ。

9時ちょうどに動き出し、各階の店員からお辞儀で出迎えられながら、上っていく。お構いなく、と頭を下げる。ジャスコ時代をふくめて一番乗りは初めてである。

イオンシネマ板橋にて

無事にまず『アスアブ鈴木』を観た。YouTubeドラマ版もさることながら、劇場版も良かった。

その後、急いで横浜のシネマノヴェチェントへ。

シネマノヴェチェントの外観

『鈴木』も『貌斬り』も日ごろお世話になっている道川昭如さんが撮影を担当しており、その点でもつながっている1日の“番組編成”。

劇場には細野辰興監督と俳優の方々、そして道川さんも来ていて、直接、鑑賞報告ができた。

最後には集合写真をパシャリ! 本当に素敵な“映画始め”となりました。

▼シネマルシェ連載コラム 
松本穂香映画『アスアブ鈴木』ネタバレ感想と解説。YouTube動画とデレクターズカット版はなぜ存在するのか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です