2015 8月

八月 私の狂詩曲 No.3

201508/08

   母の生家を訪れると、いつも祖父と祖母が待っていて、まずはお腹を満たす食事でもてなしてくれる。もうこれ以上食べられないと眠りについても、翌朝には普段はあまりとらない朝食をかきこむ自分がいる。    ときは遡り、母とそ…