2014 7月

短編小説3『ナオさん』

201407/26

   「ノリ、帰ってきただか」とナオさんは小走りで駆けつけ息子を抱いた。「大きくなっただなあ。すぐご飯の支度するからな、父ちゃんにも顔出しておいで。」マツスケは庭の畑で土いじりをしていた。「父ちゃん。」ノリヒコは丸まった背中に語り…

短編小説2『引退試合』

201407/17

   主審の合図で本戦がはじまった。体重100kgを越える巨漢が身をぶつけて押し寄せてくる。こうやって力任せに相手をなぎ倒しトーナメントの決勝まで進んできたのだ。ノリヒコはコーナーまで後退しつつも四肢を柳のようにしならせて攻撃をさ…

短編小説1『少年時代の妹』

201407/11

   物心ついたときからりーちゃんはそばにいた。歩けばひょこひょこと後ろをついてきて、座れば左右のどちらかにりーちゃんはいた。ささいなことでよく泣かせてしまった。叔母さんはしゃがんで聞く。「じゃあもう帰る?」りーちゃんは髪を揺らし…

シカミミの絵日記19『学生九条の会 / ドライブ・レンタカー』

201407/06

   その日の授業後「あの、共産主義は好きですか?」と見知らぬ青年に尋ねられた。あたかも「綺麗なお姉さんは好きですか?」と聞くかのように。思わずハイ、と答えてしまった。これが運命のはじまりだった。彼の名はSと言った。  …