2013 12月

シカミミの絵日記9『いつもの朝に / One Too Many Mornings』

201312/23

     前に『それぞれの夜の過ごし方』と題した絵日記で、夜は労働から解放された人々が自分と向き合える“目的の時間”で、そのなかでも何十年かに一度、「生きていてよかった」と思える夜があり、その思いさえあれば、あとはゴミク…

シカミミの絵日記8『就活しても、しなくても』

201312/21

   「脱就活」は就活を通さない就職の模索であり、「反就活」ではない。あくまで働くまでの道を増やそうよ、ということだ。だから既存の就活もその選択肢の一つとして位置づけられる。    ぼくは大学の三年生のとき、もっと勉強し…

『時代おくれが迎えた朝 / 父へ』

201312/17

   シカミミの父が注目を浴びている。街角でスナップを撮られ、モデルとして紹介されたのだ。 http://wear-loop.com/streetsnap-no.php?id=16  オシャレに着こなすその姿に、「かっこいい」「素…

『明日の天使と働く日々』

201312/14

     言葉を紡ぐことが好きだ。毎日は書けなかったとしても、それはものぐさではなく、会いたくても会えない人を待つ、もどかしくも嬉々とした日々に似ている。そこが自分と向き合える瞬間であるところも。    不安が…

第14回別冊スクラップブック『シュトーレンのクリスマス』

201312/05

   サンタクロースが来なくなったのはいつからだろうか。そう母に尋ねてみると「小学6年生から」と言う。なぜ来なくなったのかと聞くと、「サンタは心のなかに行ったのよ」と答えてくる。良い話だが、ぼくはそんな抽象的なサンタよりも実際にゲ…